アパート投資の『目的』を明確に

アパート投資の『目的』を明確に

アパート投資の『目的』を明確に

このサイトでは不動産投資における「アパート投資の『目的』を明確に」を丁寧に解説します。なんのためのアパート経営か、無理をしていませんか?、選択肢はあった方がいいなどさらに詳しく理解することで、不動産投資について知識を深めていきましょう!

アパート投資の『目的』を明確に

なんのためのアパート経営か

サポート希望者と面談をする場合があり、そのときに重要なことは「あなたはどうしたいですか?」ということです。
彼らが知りたいのは、アパートオーナーになる「あなたの目的」です。 その答えはその人によって変わります。
例えば子供が2人いる共働きご夫婦のケースでは「2〜3棟は欲しい!」という話が出ることがあります。 なかには「月100万円のキャッシュフローが欲しいです」と金額を目標にしてる方もいます。

リアルに考えていただきたいのは、目先のことに囚われず、何年か先までのスケジュールを立てて欲しいということです。
目先の利益にとらわれて求めている物件とは違うものを取得してしまえば、大きなマイナスになるからです。 まずは将来を見据えたうえでの目的を明確に持っていただきたいです。 必ず上手くいくとは限りません。
長い人生で何があるかわかりません。思ってもみない方向に進む可能性はあります。 それでも、きちんと目標を立てることで一歩前進します。

東急系沿線の人気駅から徒歩1分の場所に、シェアハウスを建てたOLさんがいます。
仮にA子さんとします。
平均61500円×7戸で月額家賃は43万です。もう1棟建てるそうなので、近い将来、家賃収入が年額1000万円にもなる予定です。 40代前半のA子さんは独身で、もともとはご自身の住まう新築マンションを購入しようと、資金をコツコツ貯めてたそうです。
彼女は相談したのち、自宅マンションではなく新築アパートを持ちました。

結果、「精神的に安定が得られた」そうです。というのも、A子さんの職場には嫌味な上司がいて、上司のパワハラにただ耐えるだけの毎日を送っていたのです。 しかしアパートを持つことによって、「我慢できなくなったら、いつでも安心して会社を辞めることができる!」と考えられるようになりました。そして「辞められる」と思ったとたん、「すっとラクになった」とのことです。

マンションのために貯金していたA子さんは5割以上の自己資金がありました。ローン負担も軽く、2棟目の融資もスムーズに借りられそうです。
「いやになったら辞めようかと考えていましたが、今は働けるうちは給料の範囲内で節約しながら生活するつもりです」とのことで、所有するアパートの隣の駅から程近い木造アパートを借りて住んでいます。A子さんはその気になれば会社を辞めることができるし、老後の不安はかなり解消されるはずです。
多くの不動産投資家から、「定年退職後も今と同じ給料くらいの収入を確保したい」「老後の不安を解消したい」という目標を聞きます。そんな話を聞くたびに、「それならA子さんと同じやり方でいいじゃないですか」と思います。

無理をしていませんか?

中古のアパートやマンションを必死で買い続けてる人を見ると、「本当にそんなに増やす必要があるのだろうか?」と素朴な疑問を感じます。
所有物件の数が増えれば増えるほど、キャッシュフローも増えるでしょうが、多くのコストと労力がかかります。 中古のRCマンションであれば、想像以上にメンテナンス費用がかかりますし、たとえ地方であっても高額な固定資産税が必要です。 入居付けに焦ったあまり、不良入居者をかかえてしまえば、家賃の滞納など賃貸経営にとってマイナスになる事態も考えられるのです。
何より、会社勤めをしながらこれだけの物件を埋め続けるのは大変でしょう。

世の中には、たくさんの不動産投資のやり方があります。どれも、それぞれに理屈があり、成功者の話を聞けば心が揺れるものです。 その中にはものすごい行動力とアイディアで地域に関係なく利益をあげている人もいます。
競売や築古戸建も、交渉力がある人や自分で大工仕事が出来る人には面白い分野でしょう。しかし、どのやり方も、その人にとっての向き不向きがありますしリスクもあります。

・不動産投資をすることで、どういう生活を手に入れたいのか
・自分にはどんな手法が合っているのか
・どこまでリスクを取れるのか

そのような軸の部分がしっかり定まっていれば、他人の投資手法にまどわされることがありません。
「私はこれでいい」「これが私の幸せ」といえる強さのある人は、一番効率の良い方法で、確実に目標を達成していけます。

選択肢はあった方がいい

あるところの新築アパート投資では、3つのタイプの新築アパートを提唱しています。

・高い吹き抜けを持つアパート
・女性専用のシェアハウス
・マイホームとして住める賃貸併用住宅

あなたの目的によって、この3つをバランス良く持つことをおすすめします。以前は子供や孫へ残すことのできる「資産」としてだけのアパートを目指していました。

しかし、この激動する状況の中で、「選択肢はできるだけあった方がいい」と考えを改めました。
もちろん、孫子の代まで継承できるしっかりとした頑丈な建物をつくりますが、必要なときが来たら「売る」という選択もとれるアパートでもあります。
賃貸併用住宅であっても、将来的には二世帯住宅として「住む」ということもできます。
「貸す」「売る」「住む」が自在に選べる自由の意味を知ってください。

このサイトでは不動産投資における「アパート投資の『目的』を明確に」を丁寧に解説します。なんのためのアパート経営か、無理をしていませんか?、選択肢はあった方がいいなどさらに詳しく理解することで、不動産投資について知識を深めていきましょう!

ページトップへ
Copyright(C)アパート投資の『目的』を明確に